わが町紹介

私の住むノースカロライナ州の州都ローリー(Raleigh)市近郊の紹介をしたいと思います。

ウィキペディアによると
「ノースカロライナ州(State of North Carolina)は、アメリカ合衆国の南東部にある州の1つである。2010年国勢調査による人口は9,535,483人だった。アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第28位、人口では第10位である。州都はローリー市であり、人口最大都市はシャーロット市である。」

私はローリー (Raleigh) 市から車で20分程度のモリスビル (Morrisville) という町に住んでします。

ローリーならびにモリスビルはウェイク (Wake) 郡に属しています。

ウィキペディアによると
「ウェイク郡(Wake County)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州の中央部に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は900,993人であり、2000年の627,846人から43.5%増加した。州内では人口で第2位の郡である。郡庁所在地は州都でもあるローリー市(人口403,892人)であり、同郡で人口最大の都市でもある。
国内の成長速度が高い自治体として、ウェイク郡のケーリー町が第8位、ローリー市が第15位となっており、ウェイク郡は第9位の郡だった。」

私の住むモリスビルの1980年の人口は250人程度だったという統計があります。それが2000年には5000人を越え、2010年には18000人を越えるに至りました。2014年現在推定で21000人超の人口があると言われています。

2004年にニュージャージーから引っ越してきてから10年経ちましたが、人口増加は肌で感じることができます。住宅や商業施設が次々と建設され、今も続いています。

モリスビルはウェイク郡の小さな町ですが、ローリー、ダーラム (Durham) 市、チャペルヒル (Chapel Hill) 町を含むリサーチ・トライアングル大都市圏の中心に位置し、コンピューター大手レノボの米国本社があります。インド系住民が多く、2013年に行われた Mayer ならびに Council の選挙候補者にもインド系の候補者を目にしました。

ブログでノースカロライナ周辺の旅日記やイベントなどローカルな話題を提供していきますので、楽しんでいただけると幸いです。