2014年2月22日土曜日

North Wake Landfill District Park 背後の丘陵 - Wakeカウンティで最高の眺望?

ウェブでノースカロライナ州Wakeカウンティで最高の眺望という評価もあるNorth Wake Landfill District Park 背後の丘陵を登ってみました。

North Wake Landfill District Park はその名(Landfill:ごみ廃棄場)の通りゴミ捨て場に作られた公園です。Durant Rd から公園に入る入り口はゴミ捨て場の入り口で、最初に行くとこんな所に公園があることが信じられないと思います。

丘陵の登り口は公園の駐車場や小さい子供向けの遊び場から離れた場所にあり、歩道も整備されていないのが、残念なところです。

丘陵の登道は広い砂利道で自転車で登り降りしている人も見かけます。ベビーカーを押して登ることもできます。

丘陵はゴミで作られたゴミの山のようです。地下に埋まっているゴミから発生するガスを排出するためか知りませんが、あちこちにパイプが突き出ています。

しかし丘陵の上からの見晴らしはなかなかのものでした。
遠くに Raleigh 中心街に林立するビルが見られます。

私の生まれ故郷の大阪市の最高峰の鶴見新山もゴミの山だったような記憶があります。あちこちにパイプが突き出していることはありませんでした。鶴見新山はゴミを焼却した灰の山なので、地下に埋まっているゴミから発生するガスを心配する必要はないのでしょう。

アメリカは広大な土地があるので、ゴミを焼却しなくてもいいということでしょうか。この丘陵には喫煙禁止の看板がありました。しかしこの日、丘陵の上のベンチの下にタバコの吸い殻を見つけました。爆発するようなことがなければと願います。




 

2014年2月21日金曜日

グーグルの光ファイバー事業 NC へ来るか?

グーグルの光ファイバー事業、米34市への拡大を検討」というニュースを目にしました。

グーグル光ファイバー事業 のウェブサイトには事業展開の可能性のある都市が記されています。

そこにノースカロライナから2つの都市圏(シャーロットとローリー・ダーラム)が挙げられています。ローリー・ダーラムで事業展開がなされれば、私の住むモリスビルも恩恵を受けることになると思います。

毎秒1ギガビットのネット速度を体験してみたいものです。

2014年2月19日水曜日

Tokyo's seven minute miracle - 新幹線清掃チーム

新幹線清掃チームに関する記事を目にしました。組織を運営する立場にある人に参考になる記事でした。「新幹線清掃チーム 誇りや生きがい、感動がなければ現場力は生まれない

CNN ニュース動画 Tokyo's seven minute miracle (英語)

  • 従業員の提案を基本的に全て受け入れる
  • お客様第一という使命感を明確にする
  • みんなを幸せな気分にする

言うのは簡単ですが、実行するのは難しいことです。

自分の属する組織を誇りや生きがい、感動のある組織にいかにすることができるか、考えさせられました。

2014年2月18日火曜日

日本の最大の輸出先国は実は米国 - 付加価値貿易統計

日本の輸出先1位は中国じゃなかった」という興味深い記事を目にしました。

付加価値貿易統計という新たな貿易統計によると日本の最大の輸出先国は中国ではなく、今でも米国ということになるそうです。

付加価値貿易統計では中国で組み立てられて、米国に輸出された製品に使われている日本製の部品の価値については日本から米国への輸出とみなすそうです。

中国製や韓国製の電子機器には日本製の部品が多く使われているようですから、付加価値貿易統計にすると日本から米国への貿易統計はかなり増加しそうです。

付加価値貿易統計は日本の底力が統計上に現れるという点ではいいことと言えそうです。

2014年2月13日木曜日

大雪がもたらした樹氷

2月12日の大雪の翌日です。私の住むアパートも雪に覆われ、木々の枝には氷がついて美しい樹氷の光景が見られました。ニュージャージーに住んでいた頃は珍しくない光景でしたが、ノースカロライナでは年に一度か二度程度しか見られない冬景色です。







2014年2月12日水曜日

2014年2月12日 米国東海岸の大雪

2014年2月12日、ノースカロライナ州を含む、米国東海岸の多くの地域が大雪に見舞われました。
数日前から大雪の予報はでており、学校も休校になりました。
しかしながら、午前中は全く雪が降っておらず、大丈夫と思って、午後12時半の約束を延期せず外出したのが大間違いでした。

ちょうど午後12時半くらいから降雪が激しくなり、午後1時くらいに約束が終わり、帰途に着きました。家から車で20分の距離でしたが、家にたどり着くのに2時間半かかりました。

天気予報を軽く見ないようにしないといけないと実感させられました。






2014年2月10日月曜日

米国公立学校の教科書

米国バージニア州の州議会で公立学校教科書への日本海とその韓国名の東海の併記法案が可決されたというニュースが取り上げられています。

私の子供たちが通っている学校について言うと米国の連邦国家検定はおろか州検定などを通過した教科書なんて見たことがありません。そもそも教科書検定なんてものが米国にはないように思います。

私の子供たちが通っている学校についての話ですが、担任の教師によって教え方や教える内容を変わってきます。統一された学習指導要領のようなものもないのではないかと思います。

日本海とその韓国名の東海の併記法案が可決されたことでショックを感じている日本の人たちも多いかもしれませんが、それで何が変わるのというのが私の感覚です。

お騒ぎしているのは日本と韓国のマスコミぐらいなのではないでしょうか。

米国バージニア州には韓国からの移民が多く在住しているので、このような法案が通過することは仕方がないでしょう。

結局のところ、米国が何と言おうと、日本人にとっては「Sea of Japan」ではなく「日本海」だし、韓国人にとっては「East Sea」ではなく「동해」です。

冷静に捉えるべきだと思います。


2014年2月7日金曜日

ソニーのPC事業売却のニュース

ソニーがPC事業を日本産業パートナーズ株式会社に売却することを2月6日に正式に発表しました。プレスリリース

その数日前にはレノボに売却かというようなニュースもありました。
最近何かと買収のニュースに登場してくるレノボですが、ソニー バイオまで買っちゃうのと半信半疑でしたが、結局日本産業パートナーズ株式会社への売却に落ち着いたようです。

ソニーのパソコン撤退に続くのは誰か 〜 候補は東芝、サムスン、富士通」というような記事もあります。PC事業って儲からない事業になってしまったのかと実感させられます。

PCの光学ドライブを提供する会社に務めている私にとっても他人事の話ではありません。

そんな中でパナソニックのPC事業はどうなのかなという疑問がわきました。ソニーバイオよりも出荷台数は少ないのではと思います。

以下の記事を見ると、パナソニックのPC事業は数は出ていなくても儲かっていれば、事業として成り立つという典型例のような気がしました。

Let's noteの事業モデルがパナソニック復活の鍵?!

パナソニックのレッツノートシリーズは光学ドライブを積極的に残そうとしているのも私事ですが、喜ばしいことです。