2014年1月29日水曜日

レノボがモトローラをグーグルから買収

私が現在住んでいるノースカロライナ州のモリスビルに米国拠点を置くグローバルPC企業のレノボがIBMのx86サーバー事業に続いて、通信機器メーカーのモトローラを買収するというニュースを目にしました。

レノボは事業の多角化を積極的に進めているようですね。地元の大企業として地元により多くの雇用を始め恩恵をもたらしてくれることを期待したいと思います。

日経新聞の記事「レノボ、スマホ世界3位射程に」によると、今回の買収でスマホ業界で世界3位になるようです。

マイナビニュースの分析記事「LenovoがMotorolaを買収した理由、Googleにとってのメリットを分析」はレノボのモトローラ買収の理由を理解するのに役立ちます。米国市場参入のためという意味があるようです。今後レノボのスマホを米国で手にする人が出てくることでしょう。

ASCIIの分析記事「レノボによるモトローラ買収 新しいスマホ時代の幕開けか?」も参考になります。レノボはグーグルがモトローラを買収した直後に、グーグルに対してハードウェア事業の売却を持ちかけていたそうです。レノボはしたたかですね。

レノボはPCで世界1位、サーバーで世界3位、スマホで世界3位になることになります。レノボの今後に注目です。

雪のBond Park Cary, NC でそりすべりに興じる

2014年1月29日、積雪のあったノースカロライナ州のCaryにあるBond Parkで多くの人たちがそりすべりを楽しんでいました。

そりすべりに格好のスロープのあるBond Lake脇の丘陵近くの駐車場はいっぱいになって、路肩に駐車する車も多く見られました。

年に数回程度しか積雪のない地域ですし、学校も休みになり、休みになる事業所も多かったと思います。

雪はパウダースノーでこれまたそりすべりに格好でした。以下動画と写真です。







2014年1月25日土曜日

ノースカロライナ歴史博物館アフリカ系アメリカ人文化祭典

ノースカロライナ歴史博物館で2014年1月25日に第13回 African American Cultural Celebration というアフリカ系アメリカ人文化祭典が行われていました。

米国では2月は毎年、黒人歴史月間 (Black History Month またはAfrican-American History Month) として、様々なアフリカ系アメリカ人に関連する行事が行われます。黒人歴史月間に先立って、この文化祭典が行われました。

ノースカロライナ歴史博物館とその隣のノースカロライナ科学博物館は共に入場料無料(特別イベントを除く)で、ここ数年で展示スペースの拡張と充実がなされました。

歴史博物館のほうは米国独立戦争、南北戦争、黒人奴隷などの展示を通して米国の歴史を学ぶことができます。

奴隷制があった当時、奴隷は所有物(Property) とみなされ、奴隷の子供は生まれた時から所有主の所有物とされたとありました。所有主は奴隷を売ったり、貸し出したりして、お金を儲けることもできたとあり、今の価値観から考えると、想像しがたいようなことをしていたことが分かります。

私が高校生の時、「ミシシッピー・バーニング」という映画を観ました。白人たちのアフリカ系アメリカ人に対する激しい迫害が描かれていました。白人至上主義団体のクー・クラックス・クランも登場していたような記憶があります。この博物館にクー・クラックス・クランのマスクが展示されていました。奴隷制が廃止された後、奴隷であったアフリカ系アメリカ人が法的には自分たちと同じ立場になったことに天地がひっくり返るような感覚になった白人たちもいたという説明がありました。そう考えると激しい行動に出た白人たちもいたことが納得できます。

社会全体が奴隷制度のもとにあると、人間はそれを当たり前のものとして行動してしまうのでしょう。たとえ良心で疑問を感じたとしても、大多数に対し疑問を投げかけるののは容易なことではありません。

個人の人権が尊重される時代と場所に生きているということは恵まれたことなのだと思います。



ノースカロライナの昔の典型的な農家の様子も学べます。



ノースカロライナ科学博物館の前で行われていたペットボトルロケット発射のイベントの様子


2014年1月23日木曜日

IBMがx86サーバ事業をLenovoに売却

2014年1月23日、IBMがx86サーバ事業をLenovoに売却するというニュースを目にしました。

米IBM、x86サーバ事業をLenovoに23億ドルで売却 - Power Systemなどは保有

以前から噂されていた話なので、それ程驚きはありませんでしたが、IBM はPCのみならずついにサーバーまで手放し、インターナショナル・ビジネス・マシーンのIBMから、インターナショナル・ビジネス・ソフトウェアかサービスへの転換が更に進んでいくと思われます。

IBMは事業の選択と集中を素早く、惜しみなく行う米国の企業のお手本のような会社ですね。

x86サーバ事業に携わっていた従業員はLenovoに移籍するという話です。

広大な敷地を持つノースカロライナのRTPことリサーチ・トライアングル・パーク (Research Triangle Park) のIBM拠点からモリスビルのLenovoに移ってくる従業員もいるのかなと考えています。

私は仕事でモリスビルのLenovoによく行くのですが、次第に手狭になってきているように感じています。

Lenovoは野心的ですね。サーバー業界でも一番を目指しているのでしょう。

2014年1月18日土曜日

Avery Wizard を使って名札作成

Raleigh Durham地域の毎年恒例の日本人コミュニティ主催の新年会の参加者の名札作りのお手伝いをすることになり、便利な名札作りの方法を学びました。

自分の記録のためにも、次回に他の方が名札作りをすることになった時のためにもブログに書き留めておくことにしました。

Avery Wizard をインストールすると Microsoft Word に赤丸のボタンが追加されます。
右のリンクから Avery Wizard for Microsoft Office をダウンロードできます。


1) 赤丸のボタンを押して、Avery Wizardを起動します。「Next」ボタンを押して、作業を進めます。

2) Avery Wizardは名札だけではなく、様々なAveryの印刷用紙製品に対応しています。名札作成に使う用紙の製品番号を選択し、「Next」ボタンを押します。



3) 自分でデザインする場合、白紙のテンプレートを選択するといいでしょう。


4) Excelで作成された名簿があれば、それを利用する選択肢を選びます。



5) Excelデータを使用する場合、From の選択肢にある「Excel」ボタンを押します。そして「Browse」ボタンを押して、使用するExcelファイルを選択します。


6) データの記載されているExcelシートを選んで、「OK」ボタンを押します。


7) 名札に挿入するデータ列名を選んで、「Add Field to Layout」ボタンを押します。Wordの画面で挿入するデータのフォントや文字の大きさを調整したり、イラストを挿入したりすることもできます。終われば、「Next」ボタンを押します。


8) 最後に「Finish」ボタンを押すと、Excelの名簿データが挿入されたWord文書が出来上がります。


ハーシーが3Dプリンターで菓子作り

米ハーシーが3Dプリンターで菓子作りへ」というニュースの記事を見ました。

2014年1月17日のブログで文房具量販店Staplesで3Dプリンターを見かけたという記事を書きました。3Dプリンターってどういう風に活用法するのかなと思っていました。私の理解では製造業のプロトタイプを作るのに活用するというものです。

2013年12月28日にペンシルバニアにあるハーシーのチョコレートワールドを訪問したというブログを書きました。チョコレート製造の様子を見学できる娯楽施設です。

上記のニュースを見て、菓子作成にまで3Dプリンターを活用できるんだと興味深く思いました。


2014年1月17日金曜日

Cube 3D プリンター

近所の文房具量販店のStaplesで 3D プリンターを見かけました。
Cube 3-D Printer が1299ドルで売られていました。

どういうふうに活用するのか、1299ドルで購入するだけの価値があるのかは正直なところ分かりません。

個人でも簡単に3次元のプラスチックモデルを自由に作成できるようになったというのは画期的なことといえるでしょう。

3次元の芸術作品が多く見られるようになるのでしょうか。

一般市場に広く受け入れられるようになれば、値段も次第に下がっていくかと思います。

2014年1月11日土曜日

Carmike Cinemas Blue Ridge 14 Theater -Raleigh (ローリー) の格安映画館

North Carolina State Fairgroundsの近くに格安映画館があります。
Carmike Cinemas Blue Ridge 14 Theaterです。

最近少しづつ料金が上がっていますが、通常の映画館に比べると割安です。数年前1ドル50セントだったのが、2ドルになり、今年に入って2ドル25セントになっていました。
ポップコーン一袋とドリンク2つと二人分のチケットで13ドル75セントというお得なセット料金もあります。
以下の様なマイナス点がありますが、天気のよくない週末の家族の娯楽にはうってつけだと思います。

1) 公開されてから4,5ヶ月程度たった古い映画
2)3Dや最新の音響効果はない

2014年1月11日、雨の降る土曜日の午後に家族連れで「Cloudy With a Chance of Meatballs 2 (邦題:くもりときどきミートボール2 フード・アニマル誕生の秘密)」を観ました。個人的には前作のほうがよかったように感じました。

食べ物が動物になったフード・アニマルの製作者の想像力には感心するものがありました。
名前も面白いものがありました。
-フラミンゴとマンゴーの合わさったフラマンゴー
-寿司とシープ(羊)の合わさったスシープ

家族や友達の大切さを訴えるメッセージも込められていました。

子供連れで格安の映画館で観るにはいい映画だと思います。

2014年1月9日木曜日

米国のハブ空港観察

私はたまに出張でテキサス州に出かけることがあります。2010年から2012年にかけては主にヒューストン、そして2013年からは主にテキサス州の州都オースティンが目的地です。

米国の空の旅は広い国土と多様な移動のニーズのために主要都市間の移動を除いては利用航空会社のハブ(拠点)空港で乗り継いでの移動が一般的です。

私は US Airways (アメリカンと合併して新生アメリカン航空となる) のノースカロライナ州シャーロット空港とデルタ航空のアトランタ空港をよく利用しました。

各拠点空港では拠点航空会社の飛行機がひっきりなしに離発着し、ターミナルの大部分を占めるのを見ることができ、拠点航空会社の存在感の大きさを感じることができます。

全米各地から乗客が集まるので、終日人が絶えることがなく、飲食店は朝から晩まで賑わっています。

ノースカロライナ州シャーロット都市圏と私の住むローリーならびにダーラム都市圏は人口的にはそれほど大きな差はありません。

しかしシャーロット空港とローリー ダーラム空港(RDU)に混雑度は歴然とした差があります。

ハブ(拠点)空港と一地方空港との差ですね。
ハブ(拠点)空港の場合、そこを最終目的地とする人が少なくても、乗り継ぎのために多くの人が集まるので自然と賑わいます。

私は大阪出身なので、米国にいても関西のことが気になります。鉄道好き、交通好きなので関西空港のニュースも関心をもっています。

LCCのピーチ アビエーションが関空を拠点にして好調のようです。まだまだ関空から各ピーチの就航地への乗客の流れが中心だと思いますが、日本やアジア各地から人が関空に集まり、そして乗り継いで他の目的地へ行く流れもできれば、関空が米国のハブ空港のように賑わう可能性はあると思います。

ピーチには関西の発展のためにも頑張ってもらいたいと応援しています。

RTP (Research Triangle Park) の Radisson ホテル解体

ノースカロライナ州 RTP (Research Triangle Park) にある IBMの拠点近くにあった Radisson ホテルが解体されることになり、2014年1月9日にホテルの備品の一般人への販売が行われた。

朝9時から始まった販売に多くの人が集まり、ホテル前には行列ができました。
ベッドやテーブルやテレビのみならずシャワーヘッド、客室の電話、客室のドアに至るまで多くの物が格安で販売されていたようです。

同ホテルには私は過去にミネソタのIBM拠点から出張で来た方とお会いしたり、友人の結婚式で行ったことがありました。いいホテルだった記憶があります。

Radisson ホテルになる前は「Governor's Inn」として、1970年から1980年代にかけては Research Triangle Park 地区の訪問者のメインの滞在場所だったようです。

Research Triangle Foundationが同ホテルを取得し、2014年前半に売りに出されるようです。